Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

DO MORE OF WHAT MAKES YOU HAPPY

2016年大河ドラマ真田丸に出演中の村上新悟さんの記録、旅行・史跡巡り・その他。

畑谷城訪問記(2016/06/25)

山形旅行の二日目(2016/06/25)に、「畑谷城」に行ってきました!一人でお城跡に行くので、熊対策をしっかりと行いました。そのあたり一帯は大丈夫そうでしたが、一応熊目撃マップが山形のサイトにありますので、最新の情報をチェック!

f:id:Aressa:20161011212523j:plain

◆畑谷城とは

東の関ヶ原合戦と言われる「慶長出羽合戦」にて、上杉軍の総大将だった直江兼続公が攻め、最上軍の江口光清(あききよ)公と戦い、直江様がなで斬り(皆殺し)を行ったお城です。直江率いる上杉軍は三万!対する最上軍の江口側は500。兵力の差は明らかでした。

お城の女子供含めて500の首級が挙げられたとか。直江兼続「去る十三日最上領畑谷城を乗り崩し、撫で斬りを申し付け、城主江口五兵衛父子共、首五百余り討ち捕り候…」と書き送っています。

うむ、直江様ならさもあらん、と思いますが、真田丸の直江様だって心根は優しいはずでは!?…そう思ったら真相を確かめたく、悲劇のお城に足を運んでいました。

f:id:Aressa:20161011212639j:plain

◆入口

荒砥城からカーナビで設定したにもかかわらず、さんざん道に迷って到着しました。カーナビですらこの有り様なんだから、直江様もそら迷うで!登り口のガイドさんが不在なので電話をしましたが、近くにいらっしゃらないとのこと。パンフレットを後から自宅に送ってもらえることになりました。入山登録をしていざ!

f:id:Aressa:20161011213026j:plain f:id:Aressa:20161011224449j:plain

◆首洗い池

ちょっと!!登山前にいきなりこのような場所が!とても生々しいです。ここで首を洗ったのなら、さぞかし村の川の色が赤く染まったことでしょう…。

f:id:Aressa:20161011213122j:plain

◆大空濠(おおからぼり)

攻めてくる上杉軍に対抗して作られた濠。人の手でこんなに深く掘って積み上げたのだからものすごい。なんとかここで直江兼続と戦い、山形城に向かわせないとする意志を感じました。

f:id:Aressa:20161011213216j:plain

f:id:Aressa:20161011215455j:plain

◆畑谷城主郭

薄暗くて誰もいない山道を当時のことを考えながらひたすら上ります。草が生い茂っているので、道なき道の場所もあります。(トレッキングシューズは必須かも)

f:id:Aressa:20161011213708j:plain f:id:Aressa:20161011224105j:plain

f:id:Aressa:20161011215736j:plainf:id:Aressa:20161011223405j:plain

3万の大軍に囲まれ、少ない軍勢で城を守り、絶体絶命な時に何を考えていたのかな。敵方の総大将直江兼続は江口光清を「忠信無二の義士」として評価してたそう。大軍に囲まれても臆することもなく、義光公の信頼に応えたいと第一線で最上武士として立派な戦いを見せたいと念願していたと。直江様が優秀な江口公を仲間にすべく、何度も使者を送って交渉しますが江口公は決して折れません。結局、直江様率いる上杉軍との交戦で敗退、全員が討ち死にとなってしまいました。たった2日間で畑谷城は落ちました。

f:id:Aressa:20161011213322j:plain

「旅人よ ゆきて伝えよ 

 もがみのために たたかひ たおれしもの ここに眠る」

私はすっかり江口公に感情移入していたので、この記念碑を見たら涙が止まらなくなりました。自分の主のために、お城の家臣や自分の家族も巻き込んで、それでも義を貫いて命を差し出す人がいたなんて!直江様はかなり厚遇で勧誘していたのに、まったく靡かず…3万対500なら、勝敗はわかっているのに!本当に忠義の武将です、江口光清公は…!

f:id:Aressa:20161011213427j:plain

◆江口光清公のお墓

山から下りてくると、畑で作業をしている方がいたので声をかけてみました。おじいちゃんが畑谷のことを色々教えてくださいました。江口公のお墓の隣にあるお墓の家の方だそう!場所的に雰囲気的に、直江様のファンとは言えない空気でした。(当たり前です。)でも良いニュースも。女と子供が逃れて、北や南、方々に散っていったという記録があるそうです。少しでも生き延びた命があってよかった…。

江口公のお墓にご挨拶をさせていただきました。私の人生はかりごとばかりで、江口公のように義を貫くことは難しそうですが、それでも私の精神が洗われました。江口公とこの畑谷に眠る魂が安らかでありますように…!

f:id:Aressa:20161011213515j:plain

◆直江軍と餅

畑谷城を落とした直江軍はその後、長谷堂城へ向かいました。道すがら直江軍が畑谷村で十五夜に用意していた「餅」を食べてしまったとか!憤った村人たちはその後、十五夜ではなく十三夜に餅を食べるようになったとか。何やってんだw

◆おわりに

行ってよかったと思いました。江口公の覚悟がとてもすごいと思ったし、直江様の上杉のためにならどこまでも残酷になれるというのもまた「忠義」だし、それでも情けの心がやっぱりあったとわかって安心したり、とにかく発見がたくさんありました。特に主郭に着いたときに感じた、不思議な感覚がずっと忘れられません。心の中が暖かくなるような、とても不思議でした…(お化け的なものは信じていないのと、今までみたことないですので違います!笑)。たぶん、直江様もいろいろと悩まれたのではないかと思う。悩みながらも義信、だからこそ江口公の覚悟を評価していたんだろう。 

お城から戻ったら村の景色も神々しく見えました。また来たいです!

f:id:Aressa:20161011214727j:plain

◆お問合せ

畑谷城ガイドの会(ごへえ宿)

山形県東村山郡山辺町大字畑谷40 電話 080-1850-1193

山辺町観光案内所(すだまり)

電話 023-687-0786

山辺観光協会

電話 023-667-1106 

 

上杉勢に前田慶次がいるのがたまらん!!!

f:id:Aressa:20161011215139j:plain